淀殿の日記:第2回 石田三成の失言


淀殿7月22日

太閤秀吉様の正室・北政所(きたのまんどころ)が、自分の部屋で、太閤様の側室であるわらわの産んだ、幼い秀頼をあやしていた。

秀頼(ひでより)は本当に、色白でかわいいのお。あのサル(秀吉)の子とは思えんわ。」と北政所が言った。「わらわに似たのでしょう。」とわらわは言った。

しかし、秀頼はたれ目で、優しい目をしておる。そなたのように、目が鬼のように、つりあがっておらぬわ。」と北政所は言った。

その時、大坂城・事務方の石田三成と長束正家が、来月、大坂城で行われる茶会の件で、北政所に相談しにやって来た。

おお、よい所に来た、佐吉(三成)よ。秀頼のこのかわいさは、誰に似ていると思うか。とてもサルの子とは思えぬのじゃ。サルがこの淀にだまされておられるのではないかと、心配じゃ。」と北政所は三成に言った。わらわは三成をギロリと睨んだ。三成は、えーと、なんと申しましょうか、と顔に汗をかき、出た言葉が

秀頼様は、どちらにせよ、そもそもそんなにかわいくありません

という失言であった。しかし三成の隣りに座っていた、長束正家が、さすが石田殿、と笑いをこらえきれず、笑い出し、すると秀頼まで長束につられて、何故か笑い出した。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック