山内千代さんの日記:第41回 美しい戦争があるとでも?- 遠江年貢目録一件


山内千代7月28日

私は今日、関白・豊臣秀次様の京の居城、聚楽第を訪ねた。

お久しぶりです、千代さん。」

と秀次様は微笑んで、自ら立てた茶を私に下さった。

一豊は今、休憩中で城下に戦国かき氷を食べに出かけてしまって。

と茂助(堀尾吉晴)が私にようかんを差し出してくれた。旦那の一豊も茂助も秀次様の宿老であった。

「その一豊のことなのですが、先日、一豊が太閤秀吉様からお預かりしている遠江(静岡)の徴収した年貢の目録を秀吉様に届け出忘れてしまいました。この失態に秀吉様はとてもお怒りのようで…」

と私は深い溜息をついた。

私からも太閤殿下に一豊のことはお許しくださいますよう、お願いしました。事無きを得るとよいのですが。

その時、一豊の件で石田三成、増田長盛、山中長俊の奉行がここ聚楽第に到着したとの知らせが入った。

ちょうどよい、通せ。

と秀次様は知らせてきた者に命じた。

そして石田、増田、山中の三人がこの部屋に入って来て秀次様に対面し、

御折檻(ごせっかん)として、山内一豊は朝鮮に渡海すべし。

と太閤から預かった文を石田が読み上げた。

なんと!一豊も朝鮮の役に参戦せよと?

「貴様ッ!」

私は石田の胸元をつかんだ。

控えよ!

と増田が私を咎(とが)めた。

「前から朝鮮奉行である石田に言いたかったのだが、日本軍が朝鮮の、私のようなか弱き婦女子を傷つけてみよ!私は貴様と豊臣を絶対に許さない。」

私のようなか弱き婦女子?!

と山中が眉をひそめると、茂助がププッ!と噴き出した。

石田三成

石田三成

「茂助ッ!」

ハイ、すみません!

日本の武将がそのようなことをするとでも?

「美しい戦争があるとでも?」

わかりました。覚えておきましょう。

と石田は言って、増田と山中とともに部屋を出て行った。

 

本当に一豊は朝鮮へ渡海することになるのでしょうか?

一豊は私の宿老だ。渡海させはせぬ。

今、現実味を持って海外との戦争が私に迫って来たのだった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック