徳川家康くんの日記:第36回 白河の関も越えられる


徳川家康戦国27年12月8日

慶長の役の際、捕虜となった三十代前半の朝鮮の学者・姜沆(カンハン)が伏見城で幽閉生活を送っていた。

日本に連行される際、姜沆の幼い息子と娘は波打ち際に打ち捨てられ、姜沆自身は日本に上陸すると、飢えと渇きの中をひたすら歩かされた。

わしに江戸で『貞観政要』の講義をしてくれた三十代後半の僧・藤原惺窩(せいか)は、伏見で姜沆を通して朱子学を深め、ついには僧から儒者に転身した。

惺窩がそこまで傾倒する姜沆ってどんな人なんじゃろ?

伏見に来ていたわしは本日、惺窩と共に姜沆を訪ねてた。

惺窩からあなたは大変な学問好きだと聴いています。

と姜沆は日本語でわしに話してくれた。

「惺窩ほどではござらぬ。」

とわしは返答した。

惺窩は先日、私にこう言いました。

日本の民衆の窮乏が今ほどひどい時代はありませんでした。

もし朝鮮が明と共に日本の罪を正す兵を出し、日本に侵入しても、民衆をこの地獄の苦しみから救う為に来たのだと知らしめて、軍隊が通過する地域に被害を与えないようにすれば、白河の関(現・福島県)までも越えられるでしょう、と。

ソンセンニム(先生)!

と惺窩は朝鮮語で声を発した。

しかし日本の民衆を、惺窩を、地獄の苦しみから救えるのは朝鮮と明の兵ではなく、徳川家康殿、あなたではないのですか?

姜沆そんなまさか!

わしは五大老筆頭。太閤殿下の忠臣じゃよ?

権力に歯向かうなんて、そんな骨の折れることしたりしない。

白河の関を超えたいなんて思ったりしない。

だけど今日も頭上に悲しみの雨が降る。

悲しみの雨が降る。

悲しみの雨が降るのじゃった…

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ