小西行長くんの日記:第43回 いつもそこに君がいた


小西行長8月25日

一匹のカブトムシを見つけた。宇土城の柱の上の方で、大きく足を広げてじっとしていた。

こにし!

元主君の宇喜多秀家さまを思い出した。手が届かず木の下で飛び跳ねる小さな秀家さま、つまり八郎さまの為に私は、カブトムシをよく採ってあげていた。

こにし!

思えば八郎さま程、私の名を呼んでくれた人もいなかった気がする。確かに誰かに必要とされていた、あの頃の記憶がよみがえる。

おい小西ッ!

振り向くと、隣り近所の加藤清正が私の背後に立っていた。「またおまえかよ。いい加減にしてくれよ。」

これからわしは、福岡の黒田長政殿の屋敷に遊びに行く為、熊本城をしばし留守にする。これを預かっておいてくれ。

私は清正からクワガタが一匹入っている虫籠を渡された。「はあ?何で俺が?!」「隣りだから。」「知るかよ。」

秀家さまは今、どうしているだろう。一人でいる方が好きなのに、今また誰かに必要とされたいのは何故だろう。清正から預かった虫籠を部屋の片隅にそっと置き、私は取り残されたクワガタと一緒に梨を食べた。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック