上杉景勝くんの日記:第39回 伊達政宗との戦国ステージ


上杉景勝8月27日

先日は五大老の皆で福島県に赴いた。そして福島の方々に向けて、敦盛★HIPHOP-原発だって越えていくバーション-を歌った。そして本日、大坂城に戻って来た我等は、その日のことについて語り合った。

今回はすごかったですね。」と秀家殿が、福島県産のお米をほおばった。「歌の途中で伊達政宗殿が登場しましたからね。」と輝元殿が、福島県産の牛乳をゴクゴク飲んだ。

我等も事前に聞かされてなかったから、ほんに驚いた。」と利家殿が、ずんだ餅をぱくぱく食べた。「やはり地元のヒーローには、かなわんかったのう。」と家康殿が三陸めかぶそばをすすった。

しかし大いに盛り上がってよかったです。」「政宗殿が観客の皆様の前で、私達に言った最後の一言がよかったですよね。」「なんじゃったけ?

「五大老の皆様、今日はおらの引ぎ立でやぐ、まんずありがとでがした~」

我等別に、政宗殿を引き立る為に福島に行ったわけじゃな・・・いって景勝殿、何そのカンペキな再現!」「わけわかんない特技が多い人だ。」と秀家殿が笑うと、皆うんうん頷いた。照れるのお。

この度は政宗殿とのステージを見に来てくださった福島の方々、本当にありがとう。共に歩き、復興を果たす遠くない未来、約束の地で必ずまた逢おうぞ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック