伊達政宗くんの日記:第60回 鈴木石見の真夏の熱視線


伊達政宗戦国27年8月13日

おばんでがす~。

おらは今日、江戸城大広間の溜間(たまりのま)にいた。

その時、水戸徳川藩主・頼房(よりふさ)殿の臣で、鈴木石見(いわみ)という人が、頼房殿の刀さ持って座っていた。そして、ずーっとおらのことさ見ていだ。

おらはおしょすく(恥ずかしく)なって

「おら、そんなに男前だべか?」

と尋ねると、

全然。

と鈴木石見が答えた。

「ねば、なしてそんなにおらのことさ見るんだべか?」

水戸は奥州の先手であり、奥州で謀反を起こす者といえば、貴公しかおりませぬ。

しからば、この機会に貴公のお顔を覚えておき、もし謀反なされた場合は、拙者がその御首を取ろうと思って見ております。

おらはのけぞった。

しかし、まんず面白い人なので、頼房殿の許しを得て、おらは本日の夕方、鈴木石見を江戸の伊達屋敷に招いだ。

 

殿の顔なんか可能な限り見たくないですよ、給料上げてくれないし。

とカズン(伊達成実)が戦国ジャイアントコーン(チョコナッツ)さ食べながら言っだ。

鈴木石見と伊達政宗

鈴木石見と伊達政宗

「馬鹿こくでねえ!仕事のできない人間の給料を上げる上司がどこにいるんだべか。」

とおらは戦国ジャイアントコーン(クッキー&チョコ)さ食べながら言っだ。

しどい、また家出してやる!」「もうすぐ家出1700回記念だべな。」

バカな主従のフリをしても無駄ですよ?

と鈴木石見が戦国ジャイアントコーン(キャラメルピーナッツ)さ食べながら、伊達屋敷でも飽きずにおらを凝視していると、

すみません、この二人、本当にバカなんです。

とおらの家臣の留守政景が鈴木石見に茶を出して苦笑した。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ