北条氏康くんの日記:第42回 誰も見たことない化学反応


北条氏康

戦国23年7月23日

同い年の綱成とは何もかもが違う。私は神奈川県生まれで、綱成は静岡県生まれ。

家臣の綱成とは何もかもが違う。私は控え目で落ち着いた青色が好きだけど、綱成は全てを照らす様なパーッと明るい黄色が好き。

義理の弟の綱成とは何もかもが違う。私は子孫繁栄の為には側室も一人や二人は必要だと思うけど、綱成は「くっだらない。」とひと言。お嫁さんは生涯私の妹だけでいいって言ってくれる。

化学のないこの時代に二人揃えば、まだ誰も見たことない化学反応を引き起こせそうな気がして。

同い年の綱成とは何もかもが違う。私は神奈川県生まれで、綱成は静岡県生まれ。

家臣の綱成とは何もかもが違う。私はお茶漬けが好きで、綱成はツナ缶が好き。

義理の弟の綱成とは何もかもが違う。「一番尊敬する偉人は北条早雲。」って綱成、それはちょっと父上(氏綱)に洗脳され過ぎた?

化学のないこの時代に二人一緒なら、まだ誰も見たことのない化学反応を引き起こせそうな気がして。

見ている世界がまるで違う綱成と一緒なら、とんでもない奇跡が起こる気がして、私は今日も果てしない夢の続きを見るんだ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック