後藤又兵衛くんの日記:第47回 武功派と呼ばないで


後藤又兵衛6月6日

俺が黒田家の屋敷で昼飯を食っている時、主君の吉兵衛(黒田長政)が突然やって来て言った。

又兵衛よ。わしは我慢ならない。兵庫県生まれのわしが、愛知県生まれの加藤清正、福島正則、山内一豊、加藤嘉明、堀尾吉晴、池田輝政に混ざって世間から武功派と呼ばれることに、もう我慢できない。

あんな槍働きしか取り柄のない様な連中と、才気あふれる黒田長政を十把ひとからげにしてくれるな!

長政殿ッ!

振り返るとそこに吉兵衛のマブダチである福島正則殿がいた。福島殿は黒田家に遊びに来たのだろうか。吉兵衛と俺は蒼ざめた。

福島殿!今の話はその、なんと言うか・・・」「確かに、頭がよくて、とても繊細な長政殿が、わしらと同じ武功派では釣り合いが取れん!

「え。どの辺が頭がよくて、とても繊細なのでしょうか?」「又兵衛、おまえはわしにケンカ売ってんのか?!

親父殿が竹中半兵衛である所が。」「だからそっちじゃねえつってんだろ、福島殿!なんべん言ったらわかんだよッ!」「え。どっち?

福島殿と吉兵衛のナイスコンビネーション。やっぱ360度、武功派にしか見えんよ、うちのお殿様は・・・・

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック