小西行長くんの日記:第53回 妓生・論介(キーセン・ノンゲ)


小西行長戦国27年月5月26日

前年、朝鮮の要衝である晋州(チンジュ)城を攻撃して失敗した日本軍は、この度、総力を結集して再度攻撃に出た。

晋州城を包囲した武将は、総大将の宇喜多秀家様以下、黒田長政、加藤清正、鍋島直茂、島津義弘、小早川隆景、そして私・小西行長ら五万余り。

七日間の激戦の果て、晋州城は没落した。

市長の牧使・徐礼元(ソ・イエウォン)以下、主だった武将は全員戦死、城壁の中にあった兵士、民衆あわせて六万余りは、すべて虐殺にあい、生き残った者はごく一部だった。

太閤殿下から晋州城の手の者を皆殺しせよ、との命を下されていた私たちは、前年の敗北の屈辱を晴らすようにこれを実行したのである。

戦いのあと、晋州城矗石楼(チョクソンヌ) で私たちは勝利の宴会を開いた。その時、めかし込んだ一人の美しい妓生(キーセン・朝鮮の官に属する芸妓)が入って来た。

彼女の名は論介(ノンゲ)と言って、毛谷村六助という武将に媚び、ともに矗石楼の岩上で遊んでいた。と思ったら、論介は毛谷村六助に抱き付き、岩下に流れる南江に飛び込んだ。

あ!

それを見ていた武将たちが立ち上がり、そのうちの数人は急ぎ岩下に向かった。

「何をやってんだか、情けない。」

と私は酒の杯を置いて天を仰いだ。

ホント、毛谷村六助はバカだな。

と加藤清正が苦笑した。

妓生論介

「私は、私を含めここにいる武将全員が情けないと言ったんだ。」

小西殿、酔われたのか?

と黒田長政が顔をしかめると、

酔えるわけがないだろ!

と宇喜多秀家様が突然、立ち上がった。

改易にビクビクして保身ばかりの我らと、復讐を胸に秘め、身命をなげうった妓生。実に対照的じゃないかッ!

と秀家様は吐き捨てるように言って出て行かれた。

クッソッ!

と清正は持っていた杯を床に叩き付けた。

自由に生きて死ぬのか、つまらない気晴らしの中を死んだように生きるのか。

一人の女の矜持(きょうじ)が、私たち武将の心に揺さぶりをかけていた。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ