北条氏康くんの日記:第39回 記憶の中の北条為昌


北条氏康戦国23年3月18日

私は以前、二十三という若さで病死した実弟・為昌(ためまさ)を弔ふ為、小田原城下に本光寺という寺を建立した。

今日は寺の修理のことで住職に話しがある為、本光寺を訪ねると、為昌の墓前で静かに手を合わせる綱成を見つけた。

「為昌が河越城主であった時、綱成は城代として為昌を補佐してくれていたな。」と私は綱成に声をかけた。

はい。為昌様と私は、武蔵国を貫く鎌倉街道をよく二人で歩きました。その昔、鎌倉に有事がある際、武蔵国の御家人は『いざ鎌倉』と言って急ぎ鎌倉へ参集し、鎌倉北条家の為に働いた。

この道が『いざ鎌倉』ではなく『いざ小田原』に生まれ変わればいいと、為昌様が笑って話されていたことをよく思い出します。

「そんなふうに為昌のことを思い出してくれるのは、今の小田原北条家中で綱成くらいだろう。」「為昌様は私の最後の主君でしたから。

「はて。為昌が綱成の最後の主君なら、私は綱成にとって何であろう。」「差し詰めライバルでしょうか。」と綱成は冗談混じりに言った。

ライバルか。それも悪くない。」と私は笑った。そして『いざ小田原』が現実のものとなるよう、為昌の墓前で願い、そっと桃の花をたむけた。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック