後藤又兵衛くんの日記:第4回 埋まらない喪失感


後藤又兵衛1月28日

思えば、黒田官兵衛さまという殿様を失ってから俺の心はぽっかり穴が空いてしまって、もう何年も死んだように生きていたのかもしれない。信じきっていた主君を失った武士は、生きる意味をも失う。

官兵衛さまの長男である吉兵衛(黒田長政)に仕えても、俺の心にはまだ官兵衛さまが残っている。俺は誰を信じて生きればいいのか。誰のために生きればいいのか。誰のためなら命を落として戦えるのか。いまだ答えが出てない。俺の生きている意味が見つからない。

« »

ランダムデイズ