加藤清正くんの日記:第24回 境(さかい)


加藤清正8月6日

戦国時代には、明確な国境や村境などなかった。境はその国や村に住む人々の「心」が決めていた。

そして境には目印として、樹木や神札などを置く風習もあった。

小西行長は、小西領と加藤領の境に目印として、手に弓矢を持ち、背中に羽根をつけた天使とやらを置いた。

わしはその不気味な石像を取り払い、小さなお地蔵様を置いた。すると、「何、勝手に目印替えてんだよ!」と小西が家臣の内藤如安と連れてやって来た。

なんか殿と清正様って、戦国の聖☆おにいさん、って感じですね。

と内藤如安が笑った。「でもお二人とも30オーバーだから、戦国の聖☆おっさんか。」「というか、聖☆おにいさんって何じゃ。」

そんな質問してるから、聖☆おっさん言われるんだよ、清正。」と小西は溜息をついて、天使とやらをお地蔵様の隣りにくっつけて置いた。

戦国時代には、明確な国境や村境などなかった。境はその国や村に住む人々の「心」が決めていた。曖昧で確かな「心」が、決めていた。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック