後藤又兵衛くんの日記:第42回 くろっちです!


後藤又兵衛7月2日

今夜は黒田家の屋敷で、主君の吉兵衛(黒田長政)と重臣たちとで、宴会することになった。

幹事を任された俺は、料理と酒の手配をし、重臣たちを宴会する部屋にかき集めた。そして最後に自分の部屋で仕事している吉兵衛を呼びに行った。

殿。」と俺が声をかけると、吉兵衛は「何?」と筆を止めて、その大きな瞳でじっと俺を見た。

「整いました。」

よし、面白いのを頼む。

「いや、なぞかけじゃなくて、宴会の準備が整いました。」

このご時勢に、なぞかけ以外に『整いました』とか言ってんじゃねえ!

と吉兵衛は立ち上がって、宴会する部屋に向かって行った。何なんだ、その勝手な自分ルールは。吉兵衛の机をそっと見ると、紙になぞかけが書いてあった。

後藤又兵衛とかけまして、家臣と解きます。その心は!自分を過信しすぎ。くろっちです!

なんだ仕事してたんじゃないのか。ホント、どうしようもないよ、うちのお殿様は。

« »

ランダムデイズ