伊達政宗くんの日記:第36回 ローマの新お土産案


伊達政宗 戦国22年6月26日

おばんでがす~。今日、ローマから支倉常長の文(ふみ)さ届いだ。「殿にお土産として頼まれた、ローマのずんだ餅ですが、ローマには餅自体がないそうです。お土産、どうしましょう?殿へ。常長より。

おらは自分の部屋で、この衝撃の事実に驚いていると、家臣の小十郎が「殿、お客様です。」といわで(岩手)の南部信直殿さ連れで来だ。

おばんでがんす、政宗殿。まだ遊びさ来たでがんす。」「あんや~!信直殿。あがらしゃ、あがらしゃ(上がって、上がって)。」

まんずまんず(ありがとう)。いわでの名物、南部せんべえをまだ持ってきたべ。」「まんずまんず(ありがとう)。ハッ!」

どうしたんだべ。」「ローマにまんじゅうも、ずんだ餅もねえのなら、」「ねえのなら?!

「ローマの南部せんべえさ、常長に頼むまで!」

あんりゃまあ!」「殿~!私の分も忘れずに頼んでおいてくださいヨ!」といきなりカズン(成実)も、おらの部屋さやっで来だ。

ローマの南部せんべえって、私には全く意味がわかりません。」と小十郎はひとり涙さ流しでいだ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック