後藤又兵衛くんの日記:第62回 家老死

読むのにかかる時間:約1分41秒

後藤又兵衛戦国29年9月4日

自由に生きているヤツってすげーよな。

オレには無理。いつだって上司のいいなり。

なんだかんだその方が楽なんだろうな。

然しながら太閤から明国を制圧しろと命じられたからといって、何の疑問も持たずに朝鮮に侵攻できる神経が羨ましい。コイツに付き合っていたら、家老死するのはわかっている。

だけどもう若くないし、ダミアン(黒田長政)にクビを宣告されたら、どこに行けばいいんだろう。

去年の文禄元年四月、釜山に上陸。北上して、ソウル、平壌とダミアンに付き従い、黄道道(ファンヘド)統治のため兵を返して南下。

ダミアンは、黄海道海州(ヘジュ)を軍事拠点にして、ここを支配した。しかし、慶尚道でクァク・チュウ(郭再祐)が最初の義兵を起こすと、次第に各地でも義兵活動が活発化。

黄海道では義兵としてイ・ジョンアム(李廷 香+奄)が決起し、先月、廷安(ヨンアン)に城を構えた。

「イ・ジョンアム、かっけー」

とオレが思わずもらすと、

このコチュジャン野郎!!

とダミアンにぶん殴られた。コチュジャン野郎って何?

わしほど慈悲にあふれた統治者はいないというに何故なんだ!!

家老死寸前。いや、俺はコイツの家老でもなかった。俺はコイツの何だ。許してもらわなくても、コチュジャン野郎でもいいじゃないか。自由を手にできるのなら。

よろよろと立ち上がり、見上げた先の城門にイ・ジョンアムが立っていた。

家老死するくらいなら、死ぬ気で戦って倒れたいと思った。

前後の日記

« »