石田三成くんの日記:第30回 五奉行補欠一番


石田三成 戦国22年2月22日

今日は五奉行定例会議があって、浅野長政殿、増田長盛殿、長束正家殿、前田玄以殿と、私が大坂城の一室に集まった。そして皆で、来月の大坂城雛祭りの準備をした。

あ、この雛人形、腕が折れてる。」と雛人形を箱から出した増田殿が言った。

私が治して差し上げましょう。

と、部屋のふすまが開いたかと思ったら、いきなり大谷吉継が現れた。「大谷殿、何故ここに?!」と雛人形のホコリをはたいていた浅野リーダーが目を見開いた。

何らかの事情で五奉行に欠員が出た時、五奉行補欠一番の私が、大坂城の奥で待機していることが、そんなに驚くべきことですか。

「驚くよッ!というか、五奉行補欠一番って何だよッ!そして勝手に補欠一番になるな!」

と私は絶句した。「大谷殿は、よほど石田殿と仕事がしたいのですね。」と雛祭りの予算の計算をしながら、長束殿が笑った。「そそそそんなことありませんよ!」「慌てすぎですよ、大谷殿。所で、どの様に腕が折れた雛人形を直していただけるのですか。

包帯を巻くまでです。

大谷吉継「は?!包帯を巻くのは、大谷、自分の顔にだろ?」

三成はさっきからうるさいよッ!増田殿、腕の折れた雛人形を貸してください。」「ほ~お!大谷殿は、うまい具合に包帯を巻くものですね。それではこちらの足が折れている五人囃子(ばやし)も、宜しくお願いします。」「お任せください、前田殿。

「包帯をぐるぐるに巻いてる雛人形って、見た目にどうなんでしょう。雛祭りには、全国の諸大名が大坂城に集まる予定ですよ。」

包帯を巻いてでも、古い雛人形を大事に使う、これこそ日本人の精神だ!さすが、浅野リーダー!「大谷ッ!」

今回の五奉行定例会議は、大谷吉継が加わったことにより、以前にも増してくだらない会議となった。これからも大谷はいきなり現れるのだろうか。何なんだろう。トホホホ・・・

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック