北条氏康くんの日記:第30回 二人の隙間に鳴くコオロギ


北条氏康 戦国21年10月27日

小田原城を上杉軍に包囲されて、一か月。北条軍はこれを死守した。大将の謙信は諦め、越後へ引上げた。その上杉軍を我等は、背後から討つことにした。

追撃する北条軍三千を指揮するのは、家臣の綱成だ。私は小田原に残ることになった。「あ、今、コオロギの鳴き声がした。」と綱成は薄暗い天守の下で、見送りに来た私に言った。「何も聴こえないけど。」「リリーンって確かに聴こえましたよ。」と綱成は兜の緒を締めて、出陣した。

それから一週間後の今日。北条軍が無事小田原に帰還した。「軽めに、けれどきっちりと上杉軍にお灸をすえてきました。」と綱成は笑顔で私に報告すると、私の目の前で突然、倒れた。私は驚き、急ぎ医者を呼んだ。綱成はどうやら、出陣前から高い熱を出していたらしい。

綱成は何故、熱があることを私に、言ってくれなかったのだろう。けれどそれに気付いてあげられなかったのは、私の方。今日は誰に、勝ったとか負けたとかで人生の全てを支配されている、虚しい私には気付いてあげることができなかった。

私は薄暗い天守の下、綱成が出陣前、鳴き声を聴いたコオロギを探した。無理をした為に病が回復しなかったら、どれだけ皆が悲しむか。そんなこともわかってない大馬鹿な綱成の為に、私は探し続けた。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック