淀殿の日記:第14回 サルが死んだら


淀殿 10月7日

太閤殿下がまた体調を崩され、ここ数日、ずっと床についたままだ。殿下は、このサルは、このまま死ぬのだろうか。

いくさにより父も母も失い、孤独になったわらわを、純粋に愛してくれたのは、サルだけだった。母はある意味、サルのせいで亡くなったともいえるが、その代償というのはおかしいが、サルはわらわに秀頼という息子を授けてくれた。

サルが死んだら心の底から、わらわを愛してくれる人間が誰ひとりいなくなるのだろうか。

大野治長

今度はいつ逢えるの

大野治長

今度はいつ逢えるの

またひとりになってしまう、その前に、あなたに逢えるだろうか。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック