北条氏康くんの日記:第29回 御祝儀貧乏


北条氏康9月28日

今日からまた上杉軍といくさだ。上杉謙信、ばっちこーい!北条軍の指揮は、同級生の北条綱成(つなしげ)に任せて、私は裏で北条軍1500人分の食事を作ることにしよう。

今日のメニューは小田原お茶漬けリゾット!お米をとごうとした時、いくさ場に向かう綱成が私の前を通った。「綱成!そのボロボロの鎧と陣羽織、何?北条軍の顔がそんな格好したら、上杉にバカにされるじゃん。」と私は綱成を引きとめた。

先日、氏康様に10人目の子供ができて、私は10回目のご祝儀を氏康様に贈りました。氏康様へ渡す出産祝いがかさみすぎて、私のうち(玉縄北条)は傾いております。」と綱成は深い溜息をついた。

冗談でしょ?」「マジです。ご祝儀のせいで、貯金なんかできやしませんよ。氏康様が宗家を血族で固めたいのはわかりますが、そういうの、もう古いと思います。」「でもあと子供、7人は欲しい。綱成のご祝儀も欲しい。よしわかった、その綱成のビンボくさい格好、許す!

あと7人!?

と叫んで綱成が、後ろに倒れそうになったので、私は慌てて綱成の体を支えた。これから上杉と戦うヒトが、戦う前から倒れてどうすんだ。しようがないなあ、綱成は。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック