伊達政宗くんの日記:第26回 充分ヘンな片倉小十郎


伊達政宗戦国21年8月14日

おばんでがす~。今日おらは、成実(しげざね)と小十郎と一緒に昼食を屋敷で取っだ。その時、小十郎は梅干しのおにぎりさ、食べながら言っだ。

私の他にも、殿の東北弁を通訳する者が必要だと、先月、徳川邸に行った時、実感しました。

「というか小十郎の通訳、いづも、おがしいでがす~。」とおらは、戦国冷麺さ食べながら言っだ。「私の通訳のどこがおかしいんです?

「徳川邸で先月、おらの「まんず、まんず」を、ウィンクさしで「全然OK!」とが、自分の胸さ叩いで「どーんと任せておくんなせい!」とか通訳さしで、おらは一体、どんなキャラだべ?」「何それ、ウケる、小十郎殿の通訳!」と戦国かき氷さ食べていだ成実が、笑い転げた。

きちんと通訳したら、そうなったまでの話です!」と小十郎が怒りだすと、「あ、そろそろ家出の時間だ。」と成実が立ち上がっだ。「家出の時間?!」」「三時間後には、ここさ、戻ってくるとか、なしだべ。」「馬鹿にしないでください。明日の朝7時まで戻りませんよ!

と言っで、成実はまだ屋敷さ出てっだ。「なんだかこの頃、伊達家についていけない・・・。」と小十郎は放心状態に陥っだ。あんや~小十郎も十分ヘンなヒトなのに、なんでついてこれないんだべな。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ