大谷吉継くんの日記:第25回 エアマニュフェスト


大谷吉継7月31日

私の屋敷に、小西行長が遊びに来てくれた。小西は私の机の上の書き物を見て、「ポエムでも書いているのか。」と尋ねた。

「エアマニフェストだよ。」と私は小西に冷たいお茶を出した。「意味がわからないんだけど。」と小西は眉をひそめた。「今、マニフェストが流行ってるじゃん?だから私も作ってみようと思って。」「流行ってはいないと思う。話題にはなってるけど。で、大谷の公約は何なの?

「ふふふふ。自分のペットに子供が産まれたら、子供一匹につき、月額二万六千円の手当てを支給します。

ただし飼い主がイケメンに限る。

意味わかんねー。イケメンだけかよ。」「だだしイケメンに限るも、ちまたで流行ってるから。」「マニフェスト作るってことは、大谷家も何か大改革でもするのか?

「私が五奉行になった時の公約だよ。」

と私が言ったら、小西は「なんか頭痛がする。」と頭を抱え込んだ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック