小西行長くんの日記:第25回 牛乳箱


小西行長5月12日

私は最近、早朝にジョギングを始めた。今日も朝日が昇る頃、自分の町をひたすら走る。気持のよい汗をかき、くたびれた所で、私はのどが渇いた。

その時、飲み物が入ってそうな箱が目に飛び込んだ。その箱のフタを開けると、案の定、飲み物が入ってた。私は早速手に取り、ごくごく飲んだ。ひんやりしていて、実においしい!

小西行長ーッ!何しとるんじゃい!

と隣り近所の加藤清正が血相を変えて、私の前に現れた。「うちの玄関先に設置した、MILKと書いてある黄色い戦国牛乳箱。そこに入っていた牛乳をなんで小西が飲むんだよ!」と清正は叫んだ。

え。今時、牛乳配達してもらってんのか!?牛乳箱も昨今は見かけなくなったせいか、俺、この世に牛乳配達があることを、忘れてた。懐かしさの余り感動する。」と私は熱くなる自分の眼がしらを押さえた。

お前の感動なんかいらんわ!わしの今日の牛乳返せ!」と清正は私の襟首をつかんだ。というか、明日も清正のうちに牛乳が届き、そして明日もお前の牛乳、うっかり飲んでしまったら、ごめんな。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック