淀殿の日記:第8回 サルと利家


淀殿2月11日

今日は太閤殿下の正室、北政所(きたのまんどころ)に会いに、加賀前田のまつ殿が大坂城にやって来た。北政所の部屋で、わらわも一緒にお茶をした。

うちの旦那の利家が、よそで女作ってた。しかも子供まで作っていた・・・。」とまつ殿がまんじゅうをむしゃむしゃ食べながら言った。「男なんて所詮、そんなもんですよ。」と北政所が言った。

おめーんとこのサルと一緒にすんなッ!

とまつ殿が、ひとんちの花瓶を持ちあげて、床に叩きつけた。花瓶は音を立ててくだけ散った。すると今度は北政所が、こっちだって、槍と人望しか取柄のない利家殿と、うちのサルを一緒にされたくないわ!とまつ殿に飛びかかった。

頭は私が使うから、利家は私のいうことだけ聞いてりやぁ、いいんだよ!」とまつ殿が北政所の髪を引張り、ふたりは取っ組合いのけんかをし始めた。利家殿もサルも、正室に随分愛されているんだな。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック