伊達政宗くんの日記:第59回 恋する問題のあるお殿様


伊達政宗戦国27年2月10日

おばんでがす~。

今年も誰もおらに戦国バレンタインさ、くれないんだべか。おらがカッコ良過ぎて気後れしてしまうんだべか。

ただモテないだけでしょ。

とおらと一緒に戦国こたつさ入っている、家臣のカズン(伊達成実)がみかんさ食べながら言っだ。

「そんなことないべ。おら、側室、たぐさんいるし。」

何の自慢ですか。ご側室の姫様方は、殿の人間性を好きになったのではなく、伊達家のお殿様というブランドと財力に魅かれて輿入れしただけですよ。

「そんなことないべ。おらのそぐしづは皆、おらの顔と性格と知性と武勇と笑いのセンスととうほぐ弁、全てに惚れで輿入れしたはずだべ。」

それではご側室の姫様方からバレンタイン、もらえばいいじゃないですか。

「側室のにょし(女子)たちはもう身内だから、ドキドキ感が足りないべ。全くの赤の他人のにょしから欲しいでがす~。」

無理ですよ。側室のにょしたちに、猫とか虎とか鱒(ます)とか動物のあだ名つける男なんてサイテー過ぎだし。

伊達成実

伊達成実

「どれも素敵なめんごいあだ名だべ!」

どこが?!人権侵害の間違いでしょ?!そんなんだからモテないんですよッ!!

がびーーーーん

ただ、恋をしたいだけなのに。

いくさだけじゃ退屈だし?

問題があると言われても立ち止まっている場合じゃない。

おらは恋する問題のあるお殿様として突っ走るだけでがす~。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック