明智光秀くんの日記:第23回 生きることの代償


明智光秀戦国20年11月24日

昨日は戦国勤労感謝の日であったことを、私は今日気づいた。昨日は私も休日であったのだが、織田家のことばかり考えていた。織田家という私の職場はどうしてこうも、ギスギスしているのか、昨日も頭を抱えていた。

勤労ということばの意味を調べてみたら、心身を労して働くこと、とあった。働くことが、心身ともに元気になるのならまだしも、心身を疲弊させるだけであるのなら正直、馬鹿馬鹿しくなってしまう。生きることの代償が、勤労であるのなら、その代償は余りにも大きすぎるように、私には思えた。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック