小西行長くんの日記:第55回 内藤如安、自分の為に北京へ行く


小西行長月4月10日

文禄の役が始まって二年余り。

一時停戦状態の今、私は和議を成立させる為、明の外交家・沈惟敬(しんいけい)と共に、太閤秀吉のうかがい知らぬ所で明皇帝に誼(よしみ)を通じる文書・納款表(のうかんひょう)を作成した。

そして釜山日本本営において私は側近の内藤如安に、

「おまえが日本の使者としてこの納款表を携えて北京に赴き、皇帝に献上するのだ。」

と命じた。

皇帝と太閤を股に掛けて騙すなど、わ、私にはできませぬ!

と如安は驚愕の余り腰を抜かした。

まさか断られるとは思わなかったアルネ!

と沈惟敬は拍子抜けした。

フツー断るでしょ!

「それでは再び明・朝鮮連合軍と戦争するか?」

それは…

「私は今日まで、やれ太閤の為だ、やれ日本国の為だと、周りを尊重して常に自分を犠牲にしてきた。

そんな”いい人”であった結果、小西軍18,700人のうち12,074人がこの異国の地で死んでしまった。実に半数以上だ。

自分の命より大切なものを失うくらいなら、太閤に逆らって改易に処せられた方が全然マシだった。」

殿…

侍は真面目過ぎ!ちゅこくの人、もっとテキトーで遊び好き。だから漢字・暦・紙などの偉大な発明、生まれたアルネ。

内藤如安

内藤如安

でしょうね。朝鮮軍の救援に来たっていうのに、日本軍と真面目に戦っているとは思えないし?

と如安は溜息をつき、私の手から納款表を取った。

「如安!」

勘違いなさらないでください。命令されたから行くのではなく、自分の為に北京へ行って参ります。

「他人の為ではなく、自分の為に生きる方が勇気がいるぞ?」

ナヌンケンチャナ(私は大丈夫)。挫けそうになったらアゴスチーニョ(行長の教名)を反面教師にします。

と如安が挑戦的な笑みを浮かべると、沈惟敬と私は笑った。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック