小西行長くんの日記:第18回 仏教徒なご近所


小西行長10月4日

今日、大坂城から帰ってきたら、私の屋敷の前で、隣り近所の加藤清正が横になって眠っていた。清正は、四角い箱を手にしていた。私は清正を起こさないように、その四角い箱をそっと取り上げた。

高山右近殿から私宛の荷物だった。品名・・・ゼウス様。ありがとう、キリシタンフレンズ右近殿。清正は、屋敷を留守にしていた私の荷物を、戦国宅配便から預かった。けれども清正は仏教徒だから、ゼウス様を自分の屋敷には入れたくはなかったのだろう。だからって、この数日、風の時も雨の時も、うちの屋敷の前で、ずっと私を待ち続けるなんて。

馬鹿な男ね・・・。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック