明智光秀くんの日記:第18回 サルでもハゲでも大歓迎


明智光秀6月10日

私は先月から5月病を患っていて、織田家に出勤することができずにいた。屋敷に引きこもる私にでもできる仕事として、「サルでもハゲでも大歓迎」という織田家の求人広告の作成を私は信長さまから任されていた。

私の作成したこの求人広告は、多くの諸大名の反発を招いているらしい。織田家が他家の領内に、許可なくこれらをバラまいたこと、文言に品性のかけらもないこと、などが原因のようだ。

私の仕事は今まで、織田家に貢献したことはあっても、社会貢献とは乖離(かいり)したものであった。私は、自分の仕事に誇りなどなく、働けば働くほど、自分が汚れてゆく感じで今回もまたその延長線上にあった。

そんな気持ちを殺して、今日も求人広告を作成した。311枚目を書き上げた所で、私の屋敷に丹羽さまからお手紙が届いた。丹羽さまは、柴田さまと並ぶ、織田家重臣の筆頭であられる方だ。

明智殿、お体の具合はいかがでしょうか。明智殿が作られた求人広告のおかげで、優秀な人材が織田家で働きたいと、毎日のようにお城に集まって来ています。

織田家は他家より働く環境は厳しいかもしれない。しかし身分の低い者やお金のない者が、そのことで苦しんでいるのであれば、それを引き受ける懐の大きさも、織田家にはあるということ。だから明智殿も私も、織田家に身を置いているのではないでしょうか。

良くも悪くも、全ての価値観を壊し新しいものを創造してゆく。それが私の主君。織田信長さまであった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック