真田幸村くんの日記:第9回 ハケンとセイシャ


真田幸村5月28日

今日、私は17時55分ごろ、上から、明日中に処理しなればいけない、大量の仕事をいきなり任された。困った私は、同僚の明石全登殿に手伝ってくれませんか、と頼んだ。

私は18時で帰ります。その仕事は豊臣家戦国正社員の幸村殿、頼みます。」と明石殿はキッパリ言い放った。

は?!明石殿は社員じゃないんですか。」「戦国ハケンです。」「何故、戦国派遣社員をやっているんですか。

私が豊臣家に入る時、ハケンの募集しかなかったからです。というわけで、正・社・員の幸村殿の分の仕事まで引受ける筋合いはありません。それでは18時になりましたので、お先に失礼します。

と明石殿は帰って行かれた。日が落ちる薄暗い部屋に、大量の仕事と私だけが寂しく、残された。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック