小西行長くんの日記:第46回 清正のかあちゃんにつかまって


小西行長戦国24年7月17日

今日も清正のかあちゃんにつかまって、傾聴ボランティア90分。

お虎(清正)は、市(福島正則)と孫(加藤嘉明)と一緒に、おねさまのお風呂を覗いたことがあるのよ?」 って、しょうもない昔話を炎天下の道端でずっと聴かされていたんだ。

おとといもおまえのかあちゃんにつかまって、傾聴ボランティア90分。

あそこのお寺はご利益あるからって渡された、仏様が描かれている家内安全のおふだ。 だから俺はキリシタンなんだって、何度言ったらおまえのかあちゃんはわかってくれるんだ。

昨日も清正のかあちゃんにつかまって、傾聴ボランティア90分。

加藤清正のかあちゃん

加藤清正のかあちゃん

これ似合う?」ってヒョウ柄ならぬトラ柄の打掛姿は、虎之助のかあちゃんと言うより、熊本で大坂のおばちゃんやってるようにしか見えないよ。

今日もおまえのかあちゃんにつかまって、傾聴ボランティア90分。

俺を見れば「小西くん、小西くん!」ってこんなに自分の名前を呼んでくれる人は、 元主君の八郎さま(宇喜多秀家)以来かもしんない。

今日も清正のかあちゃんにつかまって、傾聴ボランティア90分。

友達のかあちゃんなんて見たこともなかったりするのに、何故か清正のかあちゃんは よく知っているという事態に、俺は苦笑するしかなかったんだ。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ