伊達政宗くんの日記:第7回 相変わらずの五郎八


伊達政宗11月15日

おばんでがす~。おらは五色水玉模様の陣羽織さ着て、宮城県を離れて、東の都会に赴き、今日、徳川家康殿の屋敷さ着いだ。表向きは、徳川家と秘密の会議をするという名目。

しがし、おらの本当の目的は、家康殿の6男に嫁いだおらの娘の、五郎八(いろは)姫に会うことだった。

東の人々はおらや家来さ見るなり、「あんやあ~東北の人はこきたねと思ってたけんど、おしゃれでたまげだ。お目にかかれて、まんずまんず(ありがとう)。と言っだ。おらは逆に、東の人は色白でもねえし、だから伊達男もいねえし、大したことがねえと思っだ。

家康殿の屋敷さ入ると「おどさ!(お父さん)、オレ(私)だ、オレ、五郎八だ。遠くから、まんずまんず。」と五郎八がおらの所に駆け寄って来だ。標準語はやっぱりマスターできねえのが、五郎八・・・。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック