豊臣秀吉くんの日記:第48回 北野大茶湯


豊臣秀吉天正一九年三月一日

遡ること天正一五年九月、洛の上下、堺・奈良の諸所に高札が立った。

来る十月朔日、北野天満宮社頭、松原において茶湯興行を行う。

数寄の者ならば貴賤、貧富こだわらず、唐国の者までも罷り出ること。美麗を禁じ倹約を好んで営み、また秀吉数十年求め置き候 諸道具を飾り立て置けば、望み次第見物せよ。

 

さて当日になると、北野松原は大茶湯と化した。誠に数寄者ども逸興もかなと、小屋構えを工夫し費やしたので、茶席八百余が北野方一里に一間の空所もなく立った。

わしは自ら点茶すると共に、境内に珍器を飾り置いた。

昼食後は茶屋を見て歩き、目を止めた茶屋数件で茶を飲んだ。

その間、わしの筆頭茶頭・千利休は、ある人を探していた。

暮れになって、わしは一段の御機嫌で聚楽第に帰った。

 

豊臣秀長

豊臣秀長

山上宗二は現れなかったな。

いまだ境内に残る小一郎(秀長:秀吉弟)が言った。

そのようでした。

と千利休はわしの珍器を木箱に入れた。

宗二は、兄者(あにじゃ)の茶頭であったが機嫌を損ねた。その後に前田利家公に召し抱えられ、次いで私が引き取ったが、ちょうど一年前に出て行ってしまった。

私とは真逆なのです…

利休と小一郎は笑った。

しかし利休居士の茶を再現できるのは、宗二のみ。信長公の時代より師の側にあって、宗二のみが知る奥義もあろう。

師は、弟子が生きているのか死んでいるのかもわかりませぬ。

 

宗二はわしの夢にすら現れなかった。

それもそのはず。この度の一興、九州の島津を平定したわしが、天下の名器を北野に披露し、その威光を示して、人心を掌握するためのものであったから。

その晩、山上宗二は高野山で師である利休の茶を記した『山上宗二記』を執筆をようやく終えた。

問題は『宗二記』を誰に託すか――

 

「これより小田原へ出陣す。」

本日早朝、わしは三万二〇〇〇の大軍を率いて京都を出発した。

« »

ランダムデイズ