松永久秀くんの日記:第14回 曼珠沙華夜露死苦


松永久秀9月25日

俺様は、屋敷に咲き誇る、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の赤い花びらを敷き詰めるように、湯船に浮かべて、風呂に入った。上を見上げると、夜空が広がっている。月が輝いている。今日は、密かに中秋の名月。俺様は、だんごやススキなど、そんなしょぼくれたもので、中秋の名月を祝ったりはしない。曼珠沙華で祝う。

曼珠沙華の花そのものも、怪しげで好きだが、何が1番魅かれるかって、その名前。彼岸花を俺様は、わざわざ曼珠沙華と呼び、更に漢字で書けてしまう。「よろしく!」をわざわざ「夜露死苦!」と漢字で書くヤンキーみたいなもんだ。

しかし、今時、「夜露死苦!」とか言っている(書いてる)ヤンキーは、絶滅危惧種、もしくは昭和の最後の輝きであろうから、そいつら見かけたら俺様だと思って、大切にしてやれよ!

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック