福島正則くんの日記:第45回 進歩的文化人


福島正則戦国25年11月22日

ウォー!

愛知に住むわしが屋敷で漢文の勉強をしている所に、福岡の黒田長政殿が今日突然、遊びに来てくれたぞ。

それ、論語でしょ。」と長政殿がわしが紙に大きく書いた『有朋自遠方来、不亦楽乎』の文字を見て言った。

「さよう、さすが長政殿。しかし、漢文のテキストから書き写してみたものの、イマイチどう読んでいいのかわからん。」

朋(とも)有(あ)り、遠方より来(きた)る、亦(ま)た楽しからずや。…って読むのさ。

「ほお!意味は?」「友達が遠い所から訪ねに来てくれる、なんと楽しいではないか。って意味さ。」「長政殿は何でも知っておるのじゃのお!」

わしは戦国武将以前に進歩的文化人だからな。まあ、何でも聞いてくれたまえ。

と言って長政殿が指先で自分のあご髭を伸ばした時、襖(ふすま)がガラッと開いた。と思ったら、

加藤嘉明

加藤嘉明

進歩的文化人って何なのさ!

と兵庫の孫(加藤嘉明)が叫んで現れた。そして、

てか、市がベベベベ、ベンキョーしてるーーーーッ!

と孫は驚いて後ろに倒れた。

進歩的文化人はわしにもわからんが、わしが勉強してたってそんなに驚くこたあ、ないだろ!

クッソおー!勉強して驚かれても、

明日も熱く行くぜ、ウォーーッ!

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ