伊達政宗くんの日記:第5回 旅立つ支倉常長


伊達政宗戦国19年9月19日

おばんでがす~。おらは今日、家臣の支倉常長(はせくらつねなが)を屋敷に呼んだ。「常長、ローマさ行って来てけろ。」「ローマ教皇がいるローマですか?」「んだ。ローマの力さ借りて、天下を取る。いつまでも徳川に頭さ下げる場合でねえ。」「野望が大きすぎませぬか。」「だども、他に天下を取る方法がねえ。頼んでけろ。」「かしこまりました。」

「あど、土産としてローマのまんじゅう買って来てけろや。」「え。おいくつですか・・・。」「ひ、ふ、み・・・・37個!」「承知致しました。」「あと、ローマのめんこい(かわいい)眼帯も。」「渋い眼帯でなくて、宜しいのですか。」「せっかくだから、めんこい眼帯じゃ!」「それでは、ローマのまんじゅう37個とめんこい眼帯も忘れずに持って帰ります。」「頼んだぞ。」どうか、おらの望みが全て叶いますように。

前後の日記

« »

関連トピック

ランダムデイズ