石田三成くんの日記:第41回 2.14から始まる恋


石田三成2月10日

今日、大谷吉継に大坂城の廊下でバッタリ逢った。

よ、薄ら竹中半兵衛!最近、調子はどう?」と大谷に声をかけられ、「相変わらず武功派からの無視と非難の中にある。」と私は答えた。

君はどうしてそう、みんなに嫌われているんだ。やっぱ性格に問題あんじゃないの?

「いや違う、薄ら豊臣秀長よ。私は性格に問題がある以上に、仕事ができるから嫌われるのだ。」

大谷と私は笑った。

じゃあ、今年の戦国バレンタイン、三成と私、どっちがたくさんもらえるから競争しよう!

といきなり大谷は真剣な顔をして、両手で私の両肩をガシッとつかんだ。

じゃあって何だ、じゃあって!

意味わかんないけど誰かを想わずには人生、やってらんないと思っていたところ。

大谷吉継

大谷吉継

その勝負、受けて立つよ。

大谷はあれで結構、にょし(女子)受けがいいから数では負けてしまうかもしれない。だけど一人でいいんだ。私はずっと想い続けられる人、一人でいいんだ。

だから何でもないフリして待ってる。

恋もできない程、人生に絶望しているわけじゃない。

だからあと3日。

やきもきしながら、弱い自分と戦いながら、涼しい顔して待つよ。

自分の低い背丈をちょっとだけ気にしつつ、2.14から始まる恋を私は涼しい顔して待つことに決めたんだ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック