上杉景勝くんの日記:第4回 親しくない間柄ほど


上杉景勝4月9日

わしはこの1週間誰とも口をきかずに、仕事をしてきた。家臣の直江兼続が出してくる書類にOKの決断をしたら、黙ってわしのサインとして花押を書く。直江とは以心伝心。しゃべらなくてもいいのである。

親しくない間柄ほど、口を開かねばならない。何故、口は、食べ物を食するだけでなく、会話する機能までついてしまったのだろう。はあ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック