明智光秀くんの日記:第3回 疲弊


明智光秀2月1日

私は人間と言うか、ただの労働力の塊と化してしまった。織田家がどんどん発展する度に、私の心は疲弊していくようだった。目に映る全てのものが、輝きを失い、色を失った。

もう誰も愛することもないし、誰にも愛されることもない。毎日殺人的に働いて、ごくたまに休みがあっても、やりたいことを忘れ、そしてやりたいことがなくなってしまった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック