徳川家康くんの日記:第27回 家康公三段活用


徳川家康 9月13日

はろ~!みんな大好き、家康公だよ!今日は、戦国時代の知識に自信のない人が、一瞬にして戦国ツウぽくなれるテクニックを教えちゃうよ!

そのテクニックとは、わしの呼び方を時代ごとに変えてしまうこと。つまりこーいうこと。

豊臣秀吉公に仕えていた昔のわしは「内府(ないふ)殿」、わしが征夷大将軍になり、その二年後、三男の秀忠に将軍職を譲った後は「大御所様」、わしが死んだ後は「東照大権現(ごんげん)様」って分けてわしのことを呼ぶと、なかなかどうして憎いな~って感じー。

別に戦国ツウになんかに、死んでもなりたかあないッ!ヒトは、

家康公命!

で通してくれてOK!等身大が一番、素敵じゃよ。ちなみに、「東照大権現様」って名前をつけてくれたのは、わしの懐刀(ふところがたな)の天海和尚ね。

というかわし、まだ生きているのに、死んだ後の話しまでしちゃったよッ!それじゃあ、今日も明日も努力、根性、忍耐で、まったね~!

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック