小西行長くんの日記:第36回 故郷


小西行長戦国22年8月15日

さあ、今日も俺の叫びを聞いてくれ。

今年の夏も、帰りそびれた故郷を思いながら、もう誰の声も聞こえない程、孤独なヒトを探していた。

さあ、今日も俺の叫びを聞いてくれ。

今年の夏も、帰りそびれた故郷を思いながら、誰かを求め、声をからして泣き叫ぶヒグラシの声を聴いていた。

わしより寂しく孤独な小西ご近所行長!

振り返ると、寺に参拝した帰りの加藤ご近所清正が立っていた。「小西おまえ、存在自体がうっとうしいからお盆くらい帰省しろよ。

お互い様だろ。」と私は溜息混じりに言った。「故郷である尾張国にわしが帰った所で、わしの居場所は既に尾張国にはない。自分の意思に関わらずわしにはもうここ熊本、肥後国しかない。

さあ、今日も俺の叫びを聞いてくれ。

今年の夏も、帰りそびれた故郷を思いながら、もう誰の声も聞こえない程、孤独なヒトを探していた。

さあ、今日も俺の叫びを聞いてくれ。

自分の意思に関わらず、私にはもうここ熊本、肥後国しかない。その肥後国で私は、最初で最後になる誰かを求め、声をからして泣き叫ぶヒグラシの声を、清正とただ聴いているしかなかった。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック