北条氏康くんの日記:第34回 大失敗の税制改革。


北条氏康 7月16日

河越夜戦に勝利し、武蔵国を手に入れた私は、税制改革に踏み切った。

そして今日、河越城主の大道寺政繁から文が届いた。それは、新たに設けた税が重すぎて、武蔵国の百姓の多くが他国へ逃げてしまったとの報告だった。

何が税制改革だ。武蔵国の百姓は、私に失望し、他国へ逃げたのだ。早く対策を打たなければ。しかし私は頭が真っ白になり、前へ進めなくなってしまった。そんな時、

殿、甲斐国の武田家から、只今戻りました。

Houjyouujiyasu201007_3 と綱成(つなしげ)が、部屋でうずくまっていた私の前に現れた。「随分、遅かったじゃない。」「すみません。でも泣かなくても。」「泣いてない。」

三国同盟会議の際、殿は信玄公に、綱成を返せと泣きながら懇願してくれたそうで。信玄公は、その時の殿のことを、私に笑いながら話してくださいましたよ。

「泣きながら懇願なんかしてない。」「そうですか。それよりまた、政(まつりごと)でお悩みですか。」「なんで。」

何も話さなくても、殿の顔を見ればわかりますよ。腐れ縁ですから。」と綱成は笑って、信玄殿にいただいたという信玄餅をひとつ食べた。

綱成が戻って来てくれたことで、私はもう一度、武蔵国の百姓の信用を取り戻すチャンスを、天から与えられたような気がした。綱成がいないと何もうまくいかないなんて。私は苦笑した。

Houjyoutuhashige201007

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック