伊達政宗くんの日記:第35回 とうほぐルネッサンス


伊達政宗5月22日

おばんでがす~。おらが屋敷で昼食さ食っでいたら、カズン(伊達成実)が突然、「殿、ただ今、帰りました。」と現れだ。

「お帰りでがす~。どこさ、家出してたんだべ。」とおらは、箸で納豆さかき回しだ。

今回は家出ではありません。大坂城下で開催された、戦国モノマネ大会に参加してきたのです。輝宗様のモノマネを、私は大坂の町の人々に披露したのですが、全くウケず、予選敗退しました。」と、カズンは泣き崩れた。

「だってアレ、似てねえもの。」「モノマネできない殿に言われたくないです!」「おらは、いわでの南部信直殿のモノマネならできるでがすよ。」「は?

「あんりゃまあ!政宗殿は、津軽為信殿の髭っこさ見で、とうほぐルネッサ~ンス!と叫ぶのでがんすか?」

うわッ!信直殿にそっくりです、殿!」「ありがとでがす~。」意味わかんないけど。

あんや~、意味わかんないのは、カズン、お互い様でがす~。伊達政宗

 

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック