加藤清正くんの日記:第15回 七夕の短冊


加藤清正 7月7日

今日は町内会長殿と寺で、来月の夏祭りの打ち合わせをした。帰り道、小西行長の屋敷の前を通ったら、大きな竹が飾ってあった。小西も、七夕をやるのか。

小西のことだから短冊に、「清正が早く引越しますように。」とか書いているのだろう。わしは吊るされている短冊を見てみた。

加藤清正ッ!おすそわけの煮物、もっと頻繁にうちに持って来いやあ!By小西行長

 

・・・・・・・・。

 

見なかったことにしよう。その時、いきなり台所の戸から、戦国エプロン姿でおたまを持った小西が出てきて、「ひとんちの短冊、勝手に見たわね!」と叫んだ。そしてふところから短冊を取出し、

ご近所付合いにも、プライバシーを!と小西は一筆書いた。「これも一緒に、竹に吊るしておいてちょうだい!」と小西からわしは短冊を渡され、小西は自分の屋敷に戻って行った。

自分で吊るせよ・・・・・・・。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック