小西行長くんの日記:第24回 鮭のぼり


小西行長戦国21年4月16日

朝一番で、隣り近所の加藤清正が私の屋敷にやってきた。「あれはなんだ!」と清正は門前で叫び、うちの鯉のぼりを指差した。「どうだ、大きいだろう。おまえんちより先に飾ってやったよ。へっへー!」と私は自慢した。

あれは鯉じゃない。鮭(サケ)だ!と清正は叫んだ。「え。」と私は鯉のぼりをよくよく眺めてみた。「嗚呼、本当だ。私の家臣が鯉と鮭を間違えて飾ったようだ。しかしどちらも魚類!ノープロブレム!」

どんだけ適当なんだ。しかも鮭の顔がどれも怖すぎる。」「だって鮭だもん。産卵の為、体がボロボロになりながらも、川の上流目指してのぼる、鮭。空も、同じように懸命にのぼっているだけさ。」

なんか、そんな風にも見えてきた。」「だろ?!」と清正と私は、青空を悠々と、もとい、必死に泳ぐ鮭のぼりをしばらく一緒に眺めていた。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック