石田三成くんの日記:第10回 蒲生郷舎と島左近


石田三成 10月29日

私は今、大坂城を離れて自分の国の近江、滋賀県にいる。私は大坂城のことで忙しく、近江のことは家臣に任せている。私は近江の様子が知りたくて、城下を隈なく歩き周った。随行に家臣の蒲生郷舎(がもうさといえ)をつけた。

近江国は、今年も豊作であるし、治世に問題もなく安堵致した。郷舎たちのおかげだな。

いえ、私共は殿(三成)のいいつけ通りに、国を治めているだけでございます。それより、大坂では、殿には過ぎたるものがふたつある、佐和山のお城と家臣の島左近、と揶揄する者がいると聞きますが、本当でございますか。

ああ、よく耳にする。」「殿は平気なのですか。

いや、平気でない。でもそんな時には、自分には過ぎたるものは、ふたつではなく、三つあって、蒲生郷舎もどうせなら加えていただきたい、と思うことにしている。」と私は言った。郷舎は「左近殿に私が怒られまする。」と笑った。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック