北条氏康くんの日記:第12回 おなごに興味のない武将


北条氏康10月28日

今日の大河ドラマ風林火山は、コイバナぽかったね。コイバナとか言っちゃった。英語で言うと、ラブストーリーね。その前に、死んでしまったミツやんのこと忘れている人物が、多過ぎ!と思ったら、平蔵が自分の娘に「ミツ」ってつけてたね。さすが平蔵、ちゃんとミツやんのこと、忘れないでいてくれたんだ、と思いたい所だけど、昔好きだった人の名前を自分の娘につけるって、そこまでしなくていいよ。

で、今日は山本勘助を想うリツさんと長尾景虎を想う浪さんのコイバナが中心だったけど、勘助も景虎も融通が利かない人達だなあ。この二人の男は、人生の目的がハッキリしているので、恋なんかなくても寂しくないらしい。感じわるいわ。「恋も仕事も一生懸命!」とか言っている人間もあれだけど、もうちょっとさ、勘助も景虎もおなごの気持を汲み取ってあげるのが男ってもんだよ。武将ってもん。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック