真田幸村くんの日記:第2回 戦国の木村くん


真田幸村戦国19年8月24日

今日、大坂城の1番大きな廊下を歩いていたら、女中たちの黄色い声が聞こえた。私、幸村の登場で女中たちも興奮しているのかと思ったら、「木村く~ん!」の大合唱。戦国にキムタクがいるわけないのに…。

はあ、モテ過ぎて困る。

振りかえると、木村重成くんがいた。

おまえのことか!「現代では、幸村さまが大人気ですが、この戦国時代では実際私が大坂城のアイドル的存在なのです。すみません。」と謝られた。「男は強さに知性、優しさだよ?」と戦国の木村くんを私は諭した。

その通りなのですが顔が無駄にいい場合、女性がほっとかないようで、否応なくアイドルになってしまうんです。すみません。」と木村くんに再び謝られた。何故謝る?!そしてまんざらでもないその笑みはなに?!何だか大坂城は九度山蟄居生活よりストレスがたまる気がした。トホホホ…

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック