松永久秀くんの日記:第72回 こんなふうに桜が散っていた


松永久秀4月7日

桜の季節には思い出すよ。

その昔、俺様が三好家に仕官して5日あたりのことだ。

三好家で新入家来歓迎会があって、俺様は他の新入家来とともに参加した。

その席で、新入家来一人ずつ譜代家臣たちの前で自己紹介することになった。

俺様の番が回ってきた時、俺様は緊張しながら、「畿内出身の松永久秀と申します。寺小姓をしていたことがあって、槍働きより、どちらかいうと文字を読んだり書いたりする方が得意です。宜しくお願いします。」と手短に挨拶した。

その時、ひどく酔った老臣が奥の方からいきなり「趣味は!」と俺様に向って叫んだ。

俺様は驚きすぎて、

趣味は人の悪口を言うことです!

と馬鹿正直に答えてしまった。

新入家来と譜代家臣の皆はあんぐり口を開き、一瞬冷たい空気が流れたが、どこからともなく、

アハハハハ!

と屈託のない笑い声が聴こえてきた。俺様の最初で最後の主君となる三好長慶だった。

桜吹雪

桜吹雪

私の趣味もあなたと同じです。奇遇ですね。あなたとは気が合いそうだ。

と年若い長慶は微笑んで、俺様の盃(さかずき)に酒を注いでくれた。

桜の季節には思い出すよ。

今は亡き長慶と俺様の出逢いを。

こんなふうに桜が散っていた。

こんなふうに桜が散っていた。

そう、こんなふうに桜が散っていたんだ。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック