伊達政宗くんの日記:第34回 おらが村の先生


伊達政宗4月22日

おばんでがす~。今日は宮城のおらの屋敷に、お隣り・岩手から南部信直殿が遊びさ来てくれたでがす~。

おばんでがんす、政宗殿。これはお土産の南部せんべいと、南部鉄器の急須(きゅうす)だべ。受取ってけろや。

「まんずまんず(ありがとう)。信直殿は江戸のおがしっこ、食べたことがあるが?」とおらは信直殿に人形焼きさ、差し出しだ。

「家康殿と秀忠殿の顔が、まんじゅうになってるでがす~。食べてけろ。」「あんりゃまあ!めんごい(かわいい)おがしっこだべ。まんずまんず(ありがとう)。政宗殿は、江戸さよく行ぐのが?

「たまに行ぐ。この前、江戸さ行った時はだまげだ。」「何だべ?

「都会の方では、小沢一郎くんは、あんまり人気がねがったでがす~。」

あんりゃまあ!都会ではウケてねえのが。だども小沢くんの本籍地である水沢は、南部領ではなぐ伊達領だからおらには関係ねがす。

「だども水沢も、同じ岩手だべ。」「ねば、おらに水沢けろ(ちょうだい)。」「その手には乗らないでがす~。」「冗談だべ、ダハハハ!

おらと同じ様に田舎のボンボンである信直殿は気さくで、地元のデープ(ディープ)な話も一緒にできで、楽しいしいでがす~。

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック