今川義元くんの日記:第23回 公家に失望


今川義元 戦国20年11月14日

今日も京から、公家ともだちのまろおさんが、駿河に遊びに来てくれたの。私は、自ら鯛を焼いて、まろおさんにお出ししたわ。

義元さんが、焼いた鯛。ということは、たい焼きならぬ、これぞ今川焼でおじゃりますな!

 

とまろおさんは叫んだの。「まろおさんの、公家のギャグって、そんなものなのね。私は今日初めて公家に失望したわ。」「義元さん、それでもまろは、これから今川焼を見たら、義元焼と呼ぶことにするでおじゃります。

「まろおさん、何を言い出すの?!今川焼と当家はなんの因果関係もないわ。それに西の方では、今川焼を、回転焼とか呼ぶんじゃなくって?」

地方によって、今川焼は、呼び方がバラバラでおじゃります。この際、今川焼は、義元焼で統一したら、すっきりするでおじゃりますよ。オホホホホ!」「ほほほほほ!」・・・じゃないわ。なんなのかしら、今日のまろおさんは。いやあねえ~

前後の日記

« »

ランダムデイズ

関連トピック